PROJECT FULLCOMMISSIONの“コト”

Smarthotel Kutchan

Smarthotel Kutchan

事業継承M&A
後継者不在の地方ホテルの運営引継ぎと
IT活用型ホテルへのコンバージョン

北海道有数のリゾート地 ニセコエリアに位置する倶知安町。その町で長く続く老舗ホテルが抱えていた後継者不在の課題を弊社が運営を引き継ぎ、進化を推進したプロジェクト。地方特有の課題でもある、スタッフ採用の難しさ同時に向き合い高効率でホテル運営ができるようIT活用の仕組みを導入。老舗の伝統・地元との連携・運営の進化を同時に推進するという多くの取り組みを含んだプロジェクトとなりました。

クライアント名:

ナンコウホテル倶知安

カテゴリ名:

オペレーション部門

なぜ行ったのか

シェアハウス・ゲストハウスを展開していた弊社にとって初めてホテル業態への挑戦となるプロジェクトであり、リゾート地として外国人が多く集まるニセコエリアにおいてこれまでのノウハウが十分に活用できると考えたことが取り組みのきっかけ。100年続く地元の老舗を引き継がせていただくという伝統を守っていく責務も大きな魅力でした。

なぜ行ったのかイメージ

どのように行ったのか

M&A案件ということもあり勤務歴が長くなっているスタッフの皆さんの雇用も弊社で引き継ぎました。このホテルで大切にしてきたこと、これからどう進化させていきたいのかということをお互いにすり合わせチーム力を高めていくことに時間を多く使うと共に、人の力からIT活用へと動かすことのできる分野のタスクは速やかにそれを推進できたことがスムーズに軌道に乗せられた要因でもあります。
またニセコエリアで珍しいリーズナブルな宿泊を叶えるため1フロアをドミトリー化し、客層を広げる取り組みも進めました。

どのように行ったのかイメージ

結果がどうなったのか

価格帯・滞在方法に幅を持たせ、ホテルとしての魅力を上げることで●%稼働を上げることにつながりました。
人に頼るべき仕事と、人に頼らなくてもいい仕事のすみわけを進め人件費率を下げることも叶え、高効率な運営を実現できる仕組みづくりができ、そのノウハウを既存の運営施設にも逆輸入することができました。

結果がどうなったのかイメージ