Blog

2019.08.25 Sun

韓国との対立に思うこと

韓国政府と日本政府は真っ向から対立し、

韓国の人は僕たちの大切なお客さんなのだけど今年は激減した。

だからって言うわけではないのだけど、

少し世界がよくない方に行っているように見える。

 

韓国がGSOMIAを破棄すると宣言し、

最も喜んでいるのは中国で、もっとも不安に思っているのはアメリカ。

 

香港で起こっていること、

台湾で起こっていること、

今回行ったベネズエラで起こっていること、

それらはぱっと見違うけど、

基本的に主導権を握られたくないアメリカと

それを奪いに行こうとする中国との戦いだと思っている。

 

アメリカが中国をほおっておけば数年後に、GDPで中国はアメリカを抜く。

そして、先進国以外の国の中で中国の影響力は日に日に高まっている。

世界の主導をしてきたと思っているアメリカはそれを許さないとばかりにあらゆる方面で中国を叩きに行っている。

 

中国とのアメリカの覇権争いで苦しむのは、

民衆であって政治家ではない。

 

これからますますアメリカと中国の戦いが続く。

アメリカVSロシアの冷戦のような状態になるだろう。

 

世界景気が冷え込み、世界的に治安が悪くなれば僕らの仕事にも影響があるだろう。

不安だな。

Latest最新記事

Blog top