Blog

2017.12.26 Tue

起業直後

起業の原点は

北海道で起業し、若い世代にベンチャー、起業の選択肢を作る。

ということだった。

 

しかし、無計画の自分は貯金50万円で会社を辞めたため

まずは生きるために必要なお金を東京で稼ぐことを決める。

なんでもいいからお金を稼ごうと思った。

 

一番最初に作ったのは「注文住宅無料相談所」というサービスで

家を建てたい人に、どこの工務店・ハウスメーカーが最適かを

対面で無料相談に乗るサービスだった。

モデルとしてはお客さんと工務店の

契約が成立した時に成果報酬で工務店側からフィーをもらうモデルだった。

 

 

ウェブサイトを自前で作り、

ユーチューブで自分の動画を撮り(この動画は笑えます、本当に)、

ひたすらブログ記事を書く。

「注文住宅 相談」「注文住宅 値段」「注文住宅 相場」など

それなりに検索ボリュームのあるキーワードで1位をとり、

問い合わせが月に5、6件あった。

 

しかし、サービスとしては最悪。

人を呼べるオフィスなんてものはなかったので、

相手方に伺うことになるがまずそこで怪しまれ、ほぼそこで終わる。

数名、なんとか面談までこぎつけるが、

お客様の方が圧倒的に家に詳しい。

知識量で負けるというそもそもグダグダだった。

 

思い出すのも恥ずかしい。

 

 

本当に恥ずかしい過去だけど、

若い頃で良かったと思う。

きっと今の年齢で同じチャレンジはできない。

 

失敗はしたく無い。

けど失敗のない成功は歴史上ない。

だから、若いうちに失敗するのがいい。

人生のうちで一番若いのは今この瞬間だ。

 

起業でなくていい。

会社で新しく事業を作ることでも、

自分の苦手なことにトライすることでも、

今が一番失敗のハードルが低く、成功のハードルも低い。

Latest最新記事

Blog top