Blog

2017.12.31 Sun

褒められても勘違いしてはいけない

当時26歳だった自分は多くの人にちやほやされた。

若いのに起業ってすごいね

将来は有望、なんでもできるね

サービスも面白いね

散々いってくれたけど誰も俺のサービスに金を

払ってくれることはなかった。

すごいっていうくらいなら金を払ってくれよって思った。

 

人は価値のあるものにしかお金を払わない。

しかし、時として価値のないものに対しても褒める。

 

確かに褒められることは気持ちがいいかもしれないが、

それは表面的なことを言っているだけなので

勘違いしてはいけないと思った。

大事なことは世の中にとって役に立つこと。

社会に足りてないものを提供してお金をもらうこと。

それが本質だと思った。

 

自分はあんまり人を褒めない方だ。

それ自体に意味がないと思っているから。

でも、褒められることでエンジンかかる人もいるから治さないといけないなとも思う。

Latest最新記事

Blog top