自分の挑戦が
世界中の誰かのためになる

Information

2020.01.23 Thu

自律的組織を目指して

当社の行動指針は

「自主自律自走」

メンバーそれぞれが主体的に経営者として、動いてくれる。

そんな理想的な組織を作っていきたいなと思っている。

 

駅伝を優勝した青学の原監督に関する記事を読んだ。

自律型組織になるためにはその手前に4段階あると。

一度読んでみて欲しい。

https://blogs.itmedia.co.jp/harada6stars/2016/02/post_289.html

 

 

まず、やり方をわからないチームに自律を求めても無理だ。

なのでやり方を教える段階が必要。Teachingの段階。

この段階では教えられる立場の人は全部上からの指示かよと不満を感じるかもしれない。

でも必要なタイミングなのだ。

逆に、みんなが自律し任されまくるようになると昔ほど会話してくれない監督に

不満を感じることも出てくるのではないだろうか。

みんなの成長具合によって接し方が変わるのだ。

 

監督の立場になる人間のみならず、プロジェクトマネージメントを任される人は、

今自分が、どの段階にいるのか意識してもらえるとコミュニケーションミスが減ると思う。

 

今は徹底的にやり方教えてもらうタイミングなのか、

やり方を考える知恵を身に付けるタイミングなのか、

やり方を任せてもらって自分のやり方で前に進めていくタイミングなのか、

自分で理解し監督と接するようにすると成長が早いと思う。

Pick upおすすめ記事

Latest最新記事

Information top